Selecciona un nuevo tema desde la lista de más abajo y luego un artículo a leer.

Viernes, 15 de Noviembre de 2013
E清水優史工学博士の講演「自由な発想の大切さ」

二足歩行ロボット、アザラシロボット (2)。 現代世界のロボット工学・・・広がる創造性。

「ロボット」という名前は、チェコスロバキアの小説家K・チャペックの戯曲に初めて登場する。チェコ語のRobota(強制労働)から作った造語である。人間の形、あるいはそれに近いものとして、人の代わりに労働をさせることを目的に作られたもののイメージがあった。日本では「人造人間」と訳して広まった。
また、SF(空想科学)作家として有名なI・アシモフの作品「われはロボット」「ロボットの時代」によって、人工知能という意味合いも持たせている。

Leer más...
 
<< Inicio < Prev 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 Próximo > Fin >>

Página 106 de 112