Home >> Noticias
Noticias
Jueves, 21 de Febrero de 2013
日系の赤ちゃん、時代とともに変化

混血、日本風の名前増える

本紙、らぷらた報知では毎年新年号を発行しているが、その中心になり人気があるのが、その前年に生まれた日系の赤ん坊の顔写真。ずらりと並んでいるので迫力がある。見ていて飽きない。可愛い。何かを語りかけてくる。
2002年に始まったが、日本人独特の顔があり、時代のながれの中で気がつくのは、混血の顔が増えてきた。日本の名前を加えたのも増えてきた。人間が、生まれたときから死ぬときまで付き合っているのが、名前である。
その移り変わりは、次の通りである。もちろん、この顔写真は全日系の赤ちゃんを反映しているわけではない。日系社会と付き合いのない人たち、あるいは、写真を送らない親たちだっているはず。それでも、大体の傾向は把握できるのではないか。

Leer más...
 
Miércoles, 23 de Enero de 2013
第一回空手・古武道南米大会に沖縄から3高段者

第一回空手古武道南米大会の開会式が、12月1日、首都ブエノスアイレスから南へ12キロ離れた、ラヌス・クラブの体育館で開催された。
ラヌス市市長代理、出場者の家族、愛好者多数の参加が会場を埋めた。
この大会は、アルゼンチン沖縄空手古武道連合会(会長赤嶺茂秀8段)の結成後、最初のイベントとして伝統武道の振興、促進のため、沖縄県空手道連合会との共同企画ですすめられた。沖縄からは初めて、流派の異なる高段者、比嘉稔10段(究道館)、平良慶孝10段(松林流)、新城清秀9段(拳優会)の組織的な参加があった。

Leer más...
 
Viernes, 28 de Diciembre de 2012
夢海渡太鼓グループ、創作舞踊「蝶の橋」に参加

アルゼンチンの現代ダンスグループのDUGGANDANZA (ドゥガンダンサ)の創作ダンス「蝶の橋」に、夢海渡太鼓グループの2名が加わった公演が、11月15日、ブエノスアイレス市内レティロ地区にある英国芸術センター内の小劇場で行われた。

Leer más...
 
Viernes, 30 de Noviembre de 2012
第一回日系Cambio人生向上大会

2回ホールをいっぱいにした集会に。 韓国系、日系、日本からの牧師団一行が応援参加

既報、第一回日系人生向上大会と名づける、アルゼンチン日系キリスト教会団体が主体になった、集まりが、去る10日(土)14時過ぎより、沖県連会館2階ホールで催された。
とくに日本人一世高齢者の永遠につながる、心の喜びを得る手助けをしたいということが趣旨。日本サイドの沖縄から砂川勝彦牧師(53歳)夫妻、安室朝清牧師(71歳)夫妻、藤田久雄牧師(71歳)、仲井間孝子(キリスト教の)姉妹(65歳)、与那嶺初音姉妹(43歳)、与那原林(キリスト教の)兄弟(81歳)、宮崎県から黒木真実牧師(42歳)夫妻、鹿児島県から勝郁也牧師(70歳)、北海道から立見泰彦医師、埼玉県から中澤イサク牧師13名の自費応援参加があった。
また、在アルゼンチンの韓国系の多数の信者、カピタル、F・バレーラ、ラプラタ地域の日本人など多数が見えるなど、ホールをいっぱいにする集会になった。

 
Viernes, 23 de Noviembre de 2012
第43回市町村対抗体育大会

名護市民会、僅差で常勝の中城振り切る。 初期25年の記録保持者17名と3組表彰

沖縄県人連合会主催の第43回市町村対抗体育大会が、去る4日に続き11日にも行われたが、名護市民会が1日目の8点差を、5連勝中の中城に攻め上げられながら持ちこたえ、6点差で優勝した。
今年は、うるま園購入45周年の記念大会で、宜野座=那覇、北中城、本部=今帰仁、名護、中城、南城、西原、うるま、与那原の9チームの参加があった。
成績は次の通り。

Leer más...
 
Viernes, 09 de Noviembre de 2012
セミナー「若者文化としてのマンガ・アニメ」

質と量誇る日本のマンガ産業(上). 日本語学習で果たす役割も大きく

日本アニメセミナーとして「若者文化としてのマンガ・アニメ」が、去る19日(金)18時半すぎより、沖県連大ホールで開かれた。
日本大使館、国際交流基金共催で、講師はスペイン人のマンガ・アニメ専門家、翻訳・通訳者、企業家でもあるMarcBernabéCosta氏で、水上正史大使、有吉勝秀公使夫妻、佐藤仁彦文化担当官、公館員、その他若者たち50余名の参加があり、ほとんど非日系人だった。
マルク・ベルナベー氏は、大阪外国語大学、京都外国語大学で日本語、日本文化を専攻、母国のバルセローナ大学で英語、日本語、(スペイン東部の地中海側で話される)カタルーニャ語翻訳、通訳科修士課程卒業、フランスのPoitier大学において交換学生として学んでいる。その後、八面六臂(はちめん ろっぴ)の活躍をしているが、このセミナーでは、◎日本マンガの世界進出 ◎マンガ現象について ◎日本のマンガ入門 ◎世界におけるマンガ、などについて話した。

まず彼の資格、翻訳、出版・刊行書などは次の通りである。

Leer más...
 
Martes, 30 de Octubre de 2012
玉那覇ロミナさんの琉舞発表会

沖縄の古典芸能コンクールで、舞踊最高部門合格. 沖県連会館で200名余が「踊りの手」堪能

玉那覇ロミナさんの琉舞発表会が去る7日(日)、17時より沖県連会館大ホールで催されたが、にわかに決まったイベントにも拘らず、200名余が馳せつけ、「きれいな踊りの手」を堪能した。
司会は与那嶺英勝さん。はじめに、安慶名エミリオ沖県連幹事の開会の辞と屋宜会長に代わる挨拶。つづいて与那嶺義勝西原町人会会長より「栄口朝行さんの生年祝いの折、『鷲の鳥』などは衝撃的な踊りだった。この席だけでは勿体ないと大庭先生も同じ気持ちで、皆さんに披露したかったので奔走され、発表会に漕ぎつけた。ロミナさんは沖縄の古典芸能コンクールで最高を獲得したが、二世で獲得したのはアルゼンチンでは最初という価値あるもの。西原町人会では5年毎に演芸会を開催してきたが、そうした環境も影響したのではないか。与那嶺エリカと共にロミナさんは沖縄芸大に留学した。素晴らしい踊り手として帰ってきた」、と祝辞を述べた。

Leer más...
 
Martes, 23 de Octubre de 2012
栄口朝行さんの「85歳生年祝い」賑わう

琉球音楽の知識・指導、高く評価される. 芸能一家総出で、「かぎやで風節」、歌など披露

栄口朝行さんの「85歳生年祝い」が去る9月29日(土)、沖県連会館で催されたが、広いサロンいっぱいに詰めかける大きな祝宴となった。 
司会は与那嶺義勝さん。初めに屋宜宣順・沖県連会長より「矍鑠(かくしゃく)とした栄口先生。まずお喜び申し上げます。戦時中は捕虜になったりご苦労された。これまで沖縄音楽のために、その知識と経験を傾けて貢献され、今の心境に到達された」、と祝辞。

Leer más...
 
Viernes, 12 de Octubre de 2012
久しぶりに南米研修の名桜大学学生ら来る

名桜大学の第16回南米コース研修の学生一行がブエノスアイレスに到着、学術交流をしているUCES(企業社会科大学)を訪問、さらに沖縄県人連合会で催された昼食会に出席した。
一行は引率の住江淳司教授と学生の関口裕一郎さん(群馬出身)、上原大樹さん(那覇)、照屋了以さん(恩納)、宮里美春さん(名護)と旅行社の担当者。
14日は、UCESで「アルゼンチンの1999年から2003年の経済危機」について、集中講座。

Leer más...
 
Viernes, 05 de Octubre de 2012
沖縄角力うるま園45周年記念大会賑わう

76名が参加、日系も増え、愛好者が堪能. 「だんだん、〝うちなーじま〟らしく・・・」

うるま園購入45周年記念沖縄角力(うちなーじま)大会が去る9月23日、沖県連運動場のうるま園で開催されたが、来賓の屋宜宣順・沖県連会長、下条善徳さん(うるま園購入当時の運動部長で、市町村対抗陸上競技大会提唱者)、多和田真昭さんはじめ、角力愛好者が土俵を取り囲み、堪能(たんのう)した。
参加したのは、日の出道場、安田道場、志伊良道場、後仲門道場、新垣空(くう) 道場、仲村渠道場の6道場で、ちびっ子を含めて76名。志伊良道場は遠くブエノスアイレス州Chacabucoから貸切バスで駆けつけた。

Leer más...
 
Viernes, 05 de Octubre de 2012
コスキンの水溜侃(すなお)さん、急逝

全国紙クラリン紙の9月27日号が、コスキン在の水溜侃さん急逝の訃報を写真入で取り扱っていた。「コスキンにおける民間大使で、コスキンの全国フォルクローレ祭を日本へ輸出し、(福島県)川俣市にフォルクローレ祭を誕生させ、両者の絆を強化した。近隣の人達から尊敬される市(まち)の典型的な人物だった」、と高く評価していた。
水溜さんは鹿児島県川辺郡坊津出身。玉川学園久志高在学中、兄正男さんの呼寄せで来亜している。

Leer más...
 
Viernes, 28 de Septiembre de 2012
鹿児島県人会の創立100周年記念式典祝賀会

母県知事・議会議長、大使、使節団迎え盛大に

鹿児島県人会は、創立100周年記念式典・祝賀会を去る26日(日)11時過ぎより、沖縄県人連合会大ホールで盛大に開催した。
本来、100周年は昨年だったが、東日本大震災・津波・原発事故が発生したため自粛、1年先送りしたもの。この日は、母県から伊藤雄一郎知事、金子万寿夫・県議会議長、慶祝団をはじめ、水上正史大使、有吉勝秀公使、武田浩幸JICA所長、米須清文FANA会長、日系団体代表、会員、縁故者など多数が参加し、広いサロンを埋めた。

Leer más...
 
Viernes, 21 de Septiembre de 2012
我如古弥栄さんもパラリンピックに団体参加

洋弓種目で、アルゼンチン2位の好成績

ロンドンにおけるオリンピックのあと、恒例のパラリンピック(国際身体障害者スポーツ大会)が8月29日から9月19日まで同じ場所で開催されたが、アルゼンチンからもいろんな種目の競技に参加した。我如古弥栄さんも洋弓種目団体競技の一員として参加、2位に漕ぎつける好成績を挙げた。

Leer más...
 
Viernes, 17 de Agosto de 2012
「マルビーナス戦争30周年を振り返って、4月2日と6月14日を考える」(下)
Escrito por アルベルト松本(俊二)    

歴史を裁くことは、その国とその社会がどれだけの教訓を学ぶかであり、すべてを訴訟にして白黒をつけることはできない。政治が報復の場と化すれば、間違いなく現政権も力が衰えた時には同じように追放され、後には醜い報復が待っているだけではなく、政治制度は更に弱体化し、制度的に政策運営が今以上に困難になることが予想される。
マルビーナス戦争は確かに軍政権によって決定され実行されたものだが、将校も含めて我々兵士は国民の義務としてあの任務につき、それを想像を絶する環境のなか全力で尽くしたのである。英軍が、我々の功績と忍耐、勇気と戦いぶりをたたえるぐらい、あの限られた状況の中我が軍は戦ったのである。上層部の認識の甘さや、現場での不十分な統制と命令系統の粗末さなど、不備は数えきれないほどあるが、あそこで育まれた戦友同士の連帯感と友情や、あの戦争体験に対する思いはその島でしか得られなかったのも事実である。

Leer más...
 
Viernes, 10 de Agosto de 2012
「マルビーナス戦争30周年を振り返って、 4月2日と6月14日を考える」(中)
Escrito por アルベルト松本(俊二)    

あの74日間はまぎれもなく戦争だった

このマルビーナス戦争に対して、歴史的、政治的、外交的視点については当然両国間では多くの相違点があるが、軍事的な分析については案外互いに戦場での功績を認め合っているのが大きな特徴である。
海外メディアは、あの出来事を「フォークランド紛争」として紹介するのだが、短期決戦とはいえあれはまぎれもなく戦争であったと理解すべきである。だから、今も2000人以上のイギリス兵が常時駐留しており、地対空ミサイル基地は島のあらゆるところにあり、早期警戒システム、戦闘機、フリゲート艦、原子力潜水艦等を配備している。
当時、イギリスと戦うことを我が軍も当然想定しておらず、そうした装備も訓練もしていなかったのは確かである(兵役では、仮想敵国はチリとブラジルであった)。4月2日の上陸から一週間後にサッチャー首相が、英海軍及びその機動部隊を派遣したことは想定外だったが、アメリカまでもが衛星写真等を提供したことによって、我が軍は世界最大の軍隊との戦争になってしまったのである。当初は我が国の方が有利だったのだが、制空権、制海権を失ってからは非常に困難になり、イギリス軍上陸後の戦闘は「ろう城」に近い状態が幾つもあったと言える。プエルト・アルヘンティーノが陥落したのも最終的には前線部隊を援護することもできず、武器弾薬、食糧の輸送がほとんど不可能になったからである。

Leer más...
 
Jueves, 02 de Agosto de 2012
「マルビーナス戦争30周年を振り返って、 4月2日と6月14日を考える」(上)
Escrito por アルベルト松本(俊二)    

30年ぶりに「戦場」を訪れた
今年は、我が国が以前から領有権を主張し、30年前に実力行使で島を奪還したことで節目の記念年である。その実行支配は、激しい戦闘の後に70数日間で終わったが、当時の軍事政権の終焉をも意味したものでもあり、多くの命を引き換えに事由と民主主義が回復した。
あの出来事からかなりの時間が経過したにもかかわらずその戦争に対する評価は国内でも一筋縄にはいかず、これまでどの政権も真剣に政治的、歴史的、外交的、経済的、そして軍事的に分析を総合的かつ専門的に行ってきたとはいいがたい。一部の退役軍人やジャーナリストによる出版物はいくつか出ているが、その内容も近年はイギリスやアメリカの資料も引用しているにもかかわらず、まだその戦争に関わった当事者からの証言と資料が不十分である。当初から、帰還兵の証言にもとづいた書物はあるが、かなり自虐的かつ被害者意識のものが多く、出版社の思惑もあって職業軍人に対する痛烈な批判が目立つ。映画化されたものもあるが、ほぼすべてが「兵士 vs 将校・下士官」という構造になっており、あまりにも単純化されたもので歴史的価値は低い。

Leer más...
 
Domingo, 22 de Julio de 2012
F・バレラ日本人会が市役所へ発電機一式寄贈

入植当時からの、深い絆・交流の一環として. ペレイラ市長も出席、親睦アサード

F・バレーラ日本人会は、発電機一式をF・バレーラ市役所へ寄贈することから、去る1日(日)13時すぎより同会会館で簡単な引渡し式を行い、そのあと、親睦アサードがあった。
Julio Pereira 市長をはじめ、A・Bagato保健局長、市長秘書、その他のスタッフ、日本人会側から具志堅ウーゴ会長、中村マルコス前会長,屋宜宣順元会長、その他30名余の参加があった。
F・バレーラは、近くに多くの日本人初期移民が蔬菜栽培のため入植したグティエレス地域があったので古い歴史をイメージさせるが、比較的新しいコロニアである。
まず、F・バレーラ市は1891年はじめに創設されたが、この地生まれの記者・文筆家のドクトル・F・バレーラの名前がつけられた。

Leer más...
 
Viernes, 06 de Julio de 2012
世界柔術選手権優勝の後仲門ガブリエルさん

浜同志会がうるま園で祝賀会. 韓国の武道、テコンドーでも高段者

浜同志会(仲兼久エンリケ会長)では、さる5月27日(日)正午、後仲門ガブリエルさん(42歳)が昨年11月、ペルーで行われたJiu-JitsuNefusen世界選手権で優勝したことから、うるま園で祝賀会を開いたが、家族、同志会会員はじめ、うるま市民会の下条善徳さんの出席もあって賑わった。
25カ国が参加してペルー柔術世界選手権で、ガブリエルさんは教師級で金メダルを獲得しただけでなく、主将とし率いたアルゼンチン代表も団体で優勝、カザフスタン2位、主催国ペルーが3位の成績だった。また翌日、ガブリエルさんは、20年以上の教師歴を持つ柔術家の一人として表彰された。
写真1 写真説明 アルゼンチン代表団で、前列左端が主将のガブリエルさん
柔術は、日本古来の古武道「柔術」とは直接関係ない。移民としてブラジルに渡った日本人柔道家の前田光世が、プロレスリングの格闘家などとの戦いから習得した技術や柔道の技術を、ブラジル人のグレイシー兄弟などに伝え、彼らが改良してきたものである。

Leer más...
 
Jueves, 28 de Junio de 2012
「快適な人生を万人のために」(下)
Escrito por  山内隼雄   

コールドバ州日本人会 高齢者福祉センター

もう一つの例。
若いママが二歳になる男の子を連れて来ました。なんだか元気がない、寝つきがとても悪い。寝たと思ったら泣きながら目を覚ますのであっちこっちのお医者さんに診てもらったのですが、ラチがあかないので途方にくれてやって来たのです。
体を診ると、心臓を痛がる。腎臓もカチカチに固まっている。首をみたら、頚椎の転位があり、肩もそれは固いのです。まるで前記のご老人のように、二歳の子供の体が固いのです。
子供の体は正直です。骨盤を正してやると三〇分もかからずにニコニコとはねて帰りました。
骨盤の正常性が、どれほど大切なものであるかという、もう一つの例です。
これは三年前のことです。結婚して一〇年になる三十六歳の近くの女性が、腰の痛みと首の痛みで来ました。腰を正したあと、腹部の触診をしていると、子宮のところが硬く、石がごろごろしているみたいになっているのです。
これおかしいよと言うと、妊娠するのだがすぐ流れてしまい、十年にもなるのに子供ができないと、悩みを打ち明かしました。

Leer más...
 
Jueves, 14 de Junio de 2012
「快適な人生を万人のために」(上)
Escrito por  山内隼雄   

コールドバ州日本人会 高齢者福祉センター

人体から(自分の体から)痛みを取り除き、快適に人生を過ごせる方法を私が日頃行っている「骨盤調整」の仕方から、いろんな痛みがそれほどの解決し難きものではないことを、説明さしていただきたいと思い、らぷらた報知に寄稿をするものです。
日本から入る健康・病気に関する貴紙の記事を読む度に、どうしても異見(意見ではありません)を述べたいと思いました。
ちなみに、今年三月二〇日付けの「足底の痛み」が腱の小さな断裂となっておりますが、アルゼンチンでは「エスポロン」といって沢山の人が悩んでいます。
私見では痛風の一種であって、原因は骨盤の歪みから起っているのです。

Leer más...
 
Viernes, 01 de Junio de 2012
ブルサコ恒例の「すきやき敬老会」、盛り上がる

その他、70歳以上の高齢者87名へ贈り物

ブルサコ日本人会恒例の「すきやき敬老会」が去る20日(日)正午すぎより、同会会館サロンで催された。長沼智之領事、武田浩幸JICA所長、米須清文FANA会長、生垣彬・同社会福祉委員長夫妻、セノ・ディアス・パレルモ大学教授夫妻、関野JICA青年ボランティア、その他福祉関係者、多くの70歳以上の高齢者たちが広い会場をいっぱいにしてすきやきの味を楽しんだ。
はじめに、仲間エドワルド会長より「我々の日本的情緒を引き出すすきやき会に、日系社会の主だった人たちに来て頂いた。今日此処に居られる人たちは、70歳以上の会員で、これまで役員、あるいは、文化、スポーツを通して会の成長に参加してきた人たち。このブルサコ日会を、自分の家のように受け止めてきた人たちで、現在我々は、こうした先輩、将来をになう若い人たちのために務めており、同じ屋根の下でこれからもずっと力を合わせて行きたい。30年以上の会暦を持つ70歳以上の会員が、今日から名誉会員となります。

Leer más...
 
<< Inicio < Prev 41 42 43 44 Próximo > Fin >>

Página 42 de 44