Home >> Noticias
Noticias
Jueves, 25 de Febrero de 2016
州の借金

マクリ政権は各州政府に対し、国庫資金不足に際し、緩和措置として負債を負うことを承認した。地方政府は海外において負債をおうことは、カーサ・ロサーダがハゲタカファンドとの間での訴訟に一段落付けられれば、関係を改善し、安価なローンが可能になることを前提においている。ブエノスアイレス州は6万ペソの借用権利を法的に認められている。メンドサとネウケンでも同様である。

 
Jueves, 25 de Febrero de 2016
IVAの免除 対象製品は

年金と子供手当てを受ける者が対象となる。

Leer más...
 
Jueves, 25 de Febrero de 2016
牛肉の輸出

アルゼンチンの牛肉輸出は今後数年の間に二倍になることが予想される。新しい政府が牛肉の外国への販売規制を解除、さらに免税を行ったことによる。

Leer más...
 
Jueves, 25 de Febrero de 2016
トヨタの工場拡大

トヨタは来る3月4日に拡大されるサラテにあるアルゼンチン工場を公開する。これに8億ドルが投資され、約1000人の新たな雇用があった。

 
Jueves, 25 de Febrero de 2016
輸出用ジュース

ジュース製造会社のLedesmaは2015年に3111トンのオレンジ濃縮ジュース、1924トンのグレープフルーツジュース、1310トンのレモンジュースが製造した。この数値は前年に比べ、レモンジュースにおいては約80%の上昇、グレープフルーツでは74%、オレンジに関しては6%の製造アップとなった。

Leer más...
 
Jueves, 18 de Febrero de 2016
きつねが鶏を守る

マクリは二人の弁護士にマニーロンダリング対策に当てた。この二人はマニーロンダリングを告発された組織の弁護を担当していた。
このマニーロンダリングにより告発されていた組織の弁護士はマニーロンダリングなどの犯罪を担当する投資情報局(UIF)の役員となった。

Leer más...
 
Jueves, 11 de Febrero de 2016
電力を節約するために

アルゼンチン電気工業・電気機械・電気照明商工会議所(Cadieel)は、消費者が合理的かつ効率的に電力を使用できるようにとエネルギー使用ガイドを発表した。以下、電気代の高騰に対応するための10つのガイドである。

Leer más...
 
Jueves, 11 de Febrero de 2016
コルドバで上原和さんの100歳の誕生日

2016年1月3日、上原和さんが満百歳の誕生日を迎えられた。
1916年沖縄県今帰仁村にて生まれて、1937年コルドバに移住して主な仕事は夫婦で雑貨店を経営して、5人の子供全てに大学教育を孫たちも15人のプロフェショナールが育ったと云うのが和さんの誇りである、職業柄大変忙しい中教育ママとして奮闘した和さんの誕生会が当日、日系人経営の食堂を貸しきって、5人の子供全員と孫,曾孫、親類縁者総勢80人ほどが集まり盛大な100歳の誕生会が行われた。

Leer más...
 
Jueves, 04 de Febrero de 2016
アルゼンチンどこもかしこも緊急事態

マクリ政権はデクレトによる統治

新政権が法令を使って(por decreto)統治しようとしていることはもやは明らかだろう。

Leer más...
 
Jueves, 04 de Febrero de 2016
愛国的シンボルを尊重せず

マウリシオ・マクリの政権に変わって以来、愛国的シンボルや形式を尊重する態度が見られない。12月12日、マクリはカサ・ロサーダのバルコニーに立ち、国民に挨拶を行ったが、その中で間違いと言われるような行動をおこなった。たとえばアルゼンチン大統領の象徴でもある襷を身につけず、バストンを手に振りながらクンビアを踊りだすなど。たすきもバストンも、権威と大統領権の象徴であり、大統領のみがこれを手にすることができるものである。

Leer más...
 
Jueves, 28 de Enero de 2016
家計によい話

消費者にとってよいニュースがひとつ。商務省はスーパーや販売企業に対し、新たにプレシオ・クイダード(特価商品)の設定を承認した。全部で317品が特価で販売される。(以前は520品目)

Leer más...
 
Viernes, 22 de Enero de 2016
いまだに逆行するアルゼンチン

世界では原油の価格が引き下げられているのにもかかわらず、アルゼンチンではその価格は交渉するばかり。なぜなのだろうか。
先週、アルゼンチンの主要石油販売者はガソリンとガスオイルの価格を6パーセント引き上げることを発表、また3月にはさらなる値上げの可能性があるとも語った。

Leer más...
 
Martes, 22 de Diciembre de 2015
日本製トラックの到着

トヨタグループの傘下にある日野自動車がアルゼンチン市場に乗り込む。2016年より複数のディーラーにより販売が開始されると、日野自動車アルゼンチンのビクトル・モウレ氏は発表した。品質とアフターサービスの面で業界一を目指す。

 
Martes, 22 de Diciembre de 2015
デバルアシオン (通貨引き下げ)

ドルの規制を撤廃したことにより、ペソ安がおき、また価格の高騰にもつながった。マウリシオ・マクリ率いる新政権がついにペソを引き下げた。選挙活動中にマクリが謳っていた外貨取引規制の撤廃を実現させたわけで、今はAFIPによる規制なしに自由にドルの購入が可能となった。ペソは実際に30~40%も引き下げられた。

Leer más...
 
Viernes, 20 de Noviembre de 2015
暴動は至る所に?

アルゼンチンの至る所にカオスが。。。マウリシオ・マクリが当選すればこんなことが起こりうる。カンポラやほかの社会運動家は次なる行動を予定していると、社会運動のリーダー的存在であるラウル・カステルスが語った。

Leer más...
 
Jueves, 22 de Octubre de 2015
島の鼓動 琉球國祭り太鼓アルゼンチン支部公演 

メトロポリタン・シティー劇場で島の心を伝える

いつも日系社会の行事を活気付ける琉球國祭り太鼓の公演が、去る10月12日月曜日、ブエノスアイレス市コリエンテス通りのメトロポリタン・シティー劇場で2回に渡って行われた。3連休最終日の月曜日の午後を華やかに締め括るイベントとなった。当日は約600人を収容する会場が満席となった。今まで練習してきた演舞の集大成とも言えるこの公演。ブエノスアイレス、フロレンシオ・バレラ、コルドバの琉球國祭り太鼓アルゼンチン支部のメンバーに加え、琉球國祭り太鼓ペルー支部からも二人が応援に駆けつけた。また夢海渡太鼓、玉城流翔節会大庭キク琉舞道場による琉球舞踊、JIIUTEIによる三線とのコラボレーションもある豪華なショーとなった。

Leer más...
 
Jueves, 19 de Noviembre de 2015
異口同音に語る通貨の切り下げ

マウリシオ・マクリ、ダニエル・シオリ、またYPFまでもが通貨切り下げは避けられないと語る。

11月22日に決選投票を控えたアルゼンチン国民らの一番の心配のもとはインフレが問題となる経済である。 誰が勝手としても見通しが良くないのが現状である。マクリ、シオリともに通貨切り下げは避けられないとしている。またYPFの投資部門のダニエル・ゴンザレス氏のコメントは注目すべきもので、「誰が当選しても2016年の平価引下げは避けられないだろう」とのことだった。

Leer más...
 
Jueves, 08 de Octubre de 2015
玉城勝氏 叙勲祝賀会 沖連で和やかに

去る9月23日の夜8時から沖連のサロンで玉城勝氏の叙勲祝賀会が開かれた。玉城氏は本紙のコルドバ通信員としても知られる。日系社会のエリートとして有名な玉城氏、去る4月26日に旭日単光章を受賞し、このたびの叙勲となった。玉城氏は1970年にコルドバ日本人会の理事となり、1986年に日本人アルゼンチン移住百周年をコルドバ市にて開催、翌年移住百周年記念事業の一環として学生寮の建設、1989年の万博基金による文化センターの建設などに尽力した。また、土屋埼玉県知事により、1998年の日亜修交百周年に際し、桜の苗木200本の寄贈を受け、コルドバ市に移植した。秋篠宮両殿下のコルドバ訪問での植樹式や歓迎式典を成功裏に終えるなど、多大なる実績を残し、このたびの叙勲となった。また玉城氏はウチナー民間大使としても沖縄伝統文化の普及に尽力している。

Leer más...
 
Jueves, 24 de Septiembre de 2015
ささやかな第一歩  
Escrito por 石田智恵   

大学院の博士課程1年目だった2009年以来、毎年のように日本からアルゼンチン(ブエノスアイレスとその郊外地域)に通い、日系社会についてインタビューや資料収集などの調査研究を続けてきた。昨年は初めて半年間という長めの滞在期間をとって、この2月に帰国した。この最後の滞在中に、私もそれまでに深く御恩を受けた崎原朝一さんと高木一臣さんのお二人が亡くなり、もたもたしていては恩返しが間に合わなくなることを思い知らされた。そんな経緯もあって、今回『らぷらた報知』の編集の方から寄稿のお誘いを受けたとき、この場を借りてお礼を言いたいということがまっさきに頭に浮かんだ。少し前置きが長くなるが、以下、私が(大)ブエノスアイレスで調査をしてきた7年の間にいろんな人に会い、いろんな話を聞いてきたなかでも特に印象に残っている2つの場面を紹介し、感謝の意を表したいとおもう。

Leer más...
 
Viernes, 21 de Agosto de 2015
〔投稿〕福島県郡山市での復興 

元アルゼンチン日本国大使公邸料理人 末広 亮

本紙にたびたび投稿してくれている前アルゼンチン大使公邸料理人の末広亮さんが、今日本に帰国して福島で復興ボランティアに参加。その活動の中での出会い、思いを語ってくれました。

Leer más...
 
Jueves, 06 de Agosto de 2015
2.断食との出会い

出稼ぎ稼業も神奈川県内に落ち着いて来たころ、東京見物に出かけた、神田の本屋外で断食の本を見つけた。ラプラタ報知の記事を思い出して読んで見ようと買った。それを読み終えるともっと詳しく知りたいという気になり、36歳で断食するまで3冊集めて呼んだ。断食についての事であり内容は大同小異である。勉強といってもその程度で、一知半解的なところも多いし、うろ覚えもある。一冊は日本全国8箇所の断食同情、断食寮を訪ねて、それぞれの経営者に面接し断食についての考え方、実施方法、治った病気の例証などを聞き書きした本であり十人の人の話が混ざっているのもを想い出しながら書こうと思うのである。さらには書店の健康コーナーにあった本の内容も入ると思う。

Leer más...
 
<< Inicio < Prev 41 42 43 44 45 46 Próximo > Fin >>

Página 41 de 46