Home >> Noticias
Noticias
Jueves, 19 de Mayo de 2016
Aluar社と風力発電プロジェクト

アルミ製造会社のAluar社は風力発電に40億円を投資する。プエルトマドリン(同社の本拠地)とトレレウ間の地域へのエネルギー共有を目的とする。コモドロ・リバダビアではYPFが20億ドル以上の投資を行う。またドイツのジーメンス社も風力発電と中央タービン製造に参入する可能性も高まっている。

 
Jueves, 19 de Mayo de 2016
PYMESへの援助

中小企業へむけた対策案を政府は発表したマクリ大統領はこれらの中小企業こそが雇用を多く創出しているとし、税の軽減とこれらの企業への資金調達を視野においた。すでに世界銀行はPYMESに対して5千万ドルの援助を発表している。世界銀行アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ部代表のJesko Hentschel 氏は順調に行けばこの援助額の拡大も見込めると発表した。

 
Jueves, 19 de Mayo de 2016
ミラグロ・ソサ

現フフイ市長のヘラルド・モラレス氏に対する妨害行為により起訴されたミラグロ・ソサ裁判にも終止符が打たれた。

 
Jueves, 19 de Mayo de 2016
アルゼンチン裁判所の茶番

国内の新聞の表紙をここ数日飾るラサロ・バエスの名、キルチネル派と親交のあった企業家である。テレビ局もまた彼の豪邸や別荘、高級車などを見せて非難している。

Leer más...
 
Jueves, 19 de Mayo de 2016
値上がりしても楽観的な政府

マクリ政権になって5ヶ月間値上がり続きであるが、政府は今後の国際市場での投資を発表した。

マクリ政権は価格対策、税金対策などに取り組んできたが、今後政府はさらに投資を増やし、マルチナショナルな企業に対しても質の高い雇用の創出を目指すと発表した。

Leer más...
 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
チリのガス販売

アルゼンチンはチリ(チリは東南アジアから船により輸入している)からガスを購入することになるが、GNLより53%も高い値段となる。ボリビアから輸入していたガスに比べれば128%高くなる。この決定はエネルギー省のフアン・ホセ・アラングレン氏によるもの。さらなる問題はガスの支払いはすべて前払いとなり、ニューヨークの立法府からの論争の火種になりかねず、管理運用は極秘に進められることが想像される。

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
4月のインフレ、14年間で最悪

2016年4月のインフレはここ16年間で最悪だと、コンサルティング会社のElypsisと Estudio Beinの調べで明らかになった。ガスや飲用水の値上げ、公共交通機関の値上げ(バス、電車)がこのインフレの大きな原因である。インデックによると2002年4月のインフレは. 10,4%だった。 según el Indec.

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
貧しい子供たち

ユニセフによるとアルゼンチンの30%の子供(4百万人の0歳から17歳までの子供)が貧困に苦しんでいるという。調査は栄養状態から生活レベル、暴力被害と、コンピューター、テレビ、固定・携帯電話などの電子機器へのアクセスを基準に行った。

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
トヨタアルゼンチンは国内トップを目指す

アルゼンチンのベネズエラのトヨタ社長、ダニエル・エレロ氏は今年は良い年になるだろうとコメント。第二期はさらに好機となると、クロニスタ新聞社のインタビューで語った。トヨタはサラテ工場を拡大、輸出を強化しあらたなセールスマーケットを開拓した(ペルー、チリ、エクアドル)。Acara (Asociación de Concesionarios de la República Argentinaアルゼンチン販売店連盟)によると4月の時点で特価や40%までのディスカウントなどで0km車の販売実績も上昇した。

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
クライシスの被害者

フルーツ産業における2社が154名の解雇を行った。主にパタゴニアの製造コストの支払いが困難になったことが原因だ。Expofrut社は109名を解雇。Cipollettiの工場を閉鎖した後のことだった。またヘネラル・ロカの従業員の数も減らした。もう一社はサレンテイン・フルーツ社。閉業に追い込まれ45名を解雇。また輸送会社も打撃を受けた。特にトラックは燃料値上がりの被害をうけている。アルゼンチンでは80%の貨物はトラック輸送されている。
ほかに、CAME(Confederación Argentina de la Mediana Empresaアルゼンチン中小企業連盟)は、果物産業にとってここ数年の最悪のクライシスだと発表。石油生産では労働省のデータによると去年3200人が解雇されている。

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
インフラ、工業、テクノロジーへの投資

Perez Companc家は食品部門で所有するMolinosに10億ペソの投資を行うことを発表した。この投資によりサンロレンソのサンタフェにある大豆と大豆粉の貯蔵庫の拡大が可能となる。
またテクノロジー産業部門のGlobantは12億ペソを今後5年間で投資し、新たに5000人の雇用を創出すると発表した。CAF(Corporación Andina de Fomento)はラテンアメリカの開発銀行であるが20億ドルを投資しアルゼンチンのインフラ整備をサポートする。

 
Jueves, 12 de Mayo de 2016
中国の進出

アルゼンチン消費者に対する中国製品の存在は日々大きくなっている。たとえば携帯電話、自動車、タバコなど

新華社の報道によると、中国はアルゼンチン人の日常生活にとって、車体、おもちゃ、携帯電話、コンピューター、食料、自動車と、欠かせない存在になっている。

Leer más...
 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
皮下チップ

ティーグレ・クラブは「チケット・パッション」のサンプルを発表。会員データが当力されたチップを体内に装着させることにより入場確認ができる。これがうまくいけば今までのカルネを廃止してこのチップを導入するという。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
陸軍が橋建設、洪水被害を受けた住民の乖離を防ぐ

陸軍はコリエンテス、ペルゴリアに橋を建設。洪水によって被害を受け、隔離されてしまっていた400人の住民の交通路を提供する。また軍は沿岸部の洪水被害者らの支援を行っている。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
デンゲ史上最悪の事態

デンゲの被害を受けたケースは正式に56.802件と発表された。その中の28.008件は先住民や15の法域でのケース。共同体衛星局促進部のネストル・ペレス・バリーニョ氏は史上最悪の事態だとコメントした。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
SUBE y 地方交通補助金

政府は地方におけるSUBEとバスの補助金の拡大を発表した。これは交通省のギジェルモ・ヂエトリッティ氏は国内価格の半分を補うと発表した。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
スーパーに対するボイコット

5月10日、値上がりが止まらないスーパーに対するボイコットが自由消費機関により計画されている。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
ポレミカ:シェル社が独占入札

燃料を輸入する8隻のガスオイル船の入札でシェル社がそのうちの7隻に入札。シェル社はエネルギー大臣のフアン・ホセ・アラングレン氏が社長で、同人は1千3百万ペソの株をもっている。ここ数年アルゼンチンは暖房向けに燃料の輸入を行っている。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
投資の法的確実性

テチント社のホールでイベロアメリカーノの会合があった。労働相ホルヘ・トリアカ氏は投資の法的安全性を保証した。マクリは法の許す範囲での投資を推薦、特に戦略的部門への投資は開発の手助けになると語った。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
住宅計画発表

マクリはトゥクマン地方の水と衛星のための国家計画を発表した。今後4年間でアルゼンチンの全国民に飲料水の提供を約束する、と公言した。またあらたな住宅計画によって20万もの雇用が発生し、地方経済の促進につながると語った。この計画は全国における12万軒の住宅建設である。ブエノスアイレス州はというと、マリア・エウヘニア・ヴィダル氏が洪水対策として油圧技術の導入を、ルハン、サラド、レコンキスタ、アレコ、キント、マタンサ-リアチュエロ、またラプラタ、ベリッソ、エンセナーダを対象に発表した。

 
Jueves, 05 de Mayo de 2016
アルゼンチン至る所で非難行為とエスクラチェ

社会的経済的状況の深刻さは現政府と全政府に対する非難や組合のストなどにも現れている。副大統領候補だったカルロス・サニーニ氏はキルチナル政権下にいたが、ボカのスタジアムでのインチャたちによる非難により途中退席を余儀なくされた。

Leer más...
 
<< Inicio < Prev 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 Próximo > Fin >>

Página 41 de 50