日本語
ガス代の値上げ
Jueves, 28 de Julio de 2016

ラプラタは判事が値上がりしたガス代の支払いに反対してる。ガス代の支払いを拒否することは不可能である。値上がり分の支払いをするか否かは国家最高裁判所の決断を仰ぐことになる。

 
日本の団体、企業のアルゼンチンにむけた関心
Jueves, 28 de Julio de 2016

70人を超える企業家の参加したアルゼンチン訪問は、今後のアルゼンチンに向けた投資を約束した。10月にはOECDによるアルゼンチンの経済状況審査がある。

Leer más...
 
農業輸出と工業製品の輸入を強化
Jueves, 21 de Julio de 2016

マウリシオ・マクリ大統領はアルゼンチンのヨーロッパの関係は農業輸出と工業製品の輸入を強化によって更なる発展が期待できるとした。ドイツでのインタビューでマクリは各地方の名産品の産出と輸出に力をいれると言ったが、アルゼンチンとイギリスはすでに「イギリスは世界のアトリエ、アルゼンチンは世界の畑」という表現にもあるように、これもすでに昔からあったビジョンである。

 
マクリとは一体、大統領なのか、単なる一市民なのか
Jueves, 21 de Julio de 2016

ビセンテナリオの式典を閉会する7月10日にマウリシオ・マクリ大統領は「相次ぐ公務と移動に疲れた」とソーシャルメディアを通したコメントし、パレルモでおこなわれたパレードには出席できない意向を表明した。が結局その数分後に思い改めたのか式典には出席をした。誰かに言われないと自分が大統領だと自覚できないのだろうか。。。

 
ビセンテナリオに招待された国家リーダーはスペイン国王だけ
Jueves, 21 de Julio de 2016

国外から他国の代表者としてはスペイン国王であるフアン・カルロス・デ・エスパーニャ以外だれも招待されなかった。チリのミシェル・バチェレ大統領も、パラグアイのオラシオ・カルテス大統領も、イタリアのセルヒオ・マタレラ大統領の姿もなかった。またアルゼンチンの過去の大統領の姿もなかった。

 
ラ・プラタでは司法界でも政府の値上げ政策を非難
Jueves, 21 de Julio de 2016

ラプラタの検事ルイス・アリアス氏は電気代の140%にも及ぶ高騰は無意味だとし、電力会社は必要以上に請求したすべての代金を返済するべきだと語った。

 
50億ドルの投資
Jueves, 21 de Julio de 2016

政府にとってのよいニュース:50億ドルの民間投資を発表。銀行から食料関連、電話、電力会社まで複数の分野での投資となる。オイル会社Pan American Energy (ネウケン、チュブット、ティエラ・デ・フエゴにおける炭化水素の探査と抽出に14億ドルの投資を見込む)、 Arcor (輸出面でトップ企業の一つである食品会社)、Louis Dreyfus Companyはバイア・ブランカにある港内施設を拡大(7千6百万ドル)。テレコムは2016年から18年のあいだの500億ペソの投資を発表した。

 
メトロガスのガイドライン ガス消費を減らすために
Jueves, 21 de Julio de 2016

数日前、ある議員がガス代400ペソは約36個のエンパナーダに相当すると言った。確かにそうかもしれないが、このような発言は人々に疎外感をあたえるものである。このような程度の低い比較をするよりも官僚は実際にどのようにガス消費を減らすかを意識するべきではないのか。メトロガスのホームページでは数週間前よりガス消費の削減方法を掲載しているが、だれもをれを普及しようとしていない。メトロガスによると3つのポイントがある。1)暖房は身体にも適度な19度に抑える。 無駄な暖房使用は避ける。実際に使わない部屋ではつけない。2)調理の際、バーナーの火の大きさがフライパンや鍋などの器の底面積より大きくならないようにする。鍋はなるべく小さいものを選び、ふたを使うようにする。3)給湯器やボイラーからの熱湯の温度を調節する。冷水と混ぜて温度を下げるという手間を避けるようにする。
詳しくは、www.metrogas.com.ar

 
海外におけるアルゼンチン人の株所有
Jueves, 21 de Julio de 2016

INDECによるとアルゼンチン人は海外に2憶三千二百万四千百十ドルもの株式を所有している(2015年12月時点)。

 
<< Inicio < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Próximo > Fin >>

Página 10 de 39