日本語
日系社会を考える
Jueves, 20 de Julio de 2017

知り合いになって35年以上になる、タケシと話をする事が出来た、大部長い間スポーツをする時たまに会うのだが、彼と10分以上話する事はなかった。タケシが現在の日系社会をどう思っているのか少し気になったので会って喋りたかったのだ。彼の家でくつろぎながら語った。

Leer más...
 
モヌメント・ナシオナル・デ・ラ・バンデラに日本国旗
Viernes, 03 de Marzo de 2017

2月11日早朝8時、ロサリオのモヌメント・ナシオナル・デ・ラ・バンデラに日本とアルゼンチンの国旗が掲揚された。当日はロサリオ日本人会代表者らが式典に出席した。

 
日亜学院教育学院長の三井・福原デリア氏に外務大臣表彰
Jueves, 01 de Diciembre de 2016

去る11月13日日亜学院の恒例行事ニッポン・マニアが開催された。当日は今年日本とアルゼンチンとの相互理解の促進に尽力してきた同学院の教育学院長の三井・福原デリア氏に外務大臣表彰が授与された。福嶌教輝大使より岸田外務大臣からの表彰状が渡された。

 
安倍昭恵夫人とフリアナ・アワダ夫人は日本庭園で懇談
Jueves, 01 de Diciembre de 2016

11月21日安倍晋三首相のアルゼンチン訪問に同行した昭恵夫人は、COAでの日系社会によるレセプションの後、パレルモの日本庭園でフリアナ・アワダ大統領夫人と会合をもった。11時15分ごろに到着し、まずは2階のサロンでプライベートの懇談の時間を過ごした後、日本庭園中央にある築山正面のベンチに座り、築山上のステージとその手前の水上ステージで披露された余興を楽しんだ。最初にアルゼンチンのフォルクローレ、つぎにブエノスアイレス太鼓による「けんか屋台」、軍楽隊のよるピアソラのリベルタンゴ、そして最後に子供たちによるボレアドーラとボンボを使ったガウチョの踊りが披露された。夫人らは終始笑顔を見せながら、通訳を通さず英語で楽しそうに時間を共有した。つぎに庭園内の茶室に迎い、メキシコから裏千家の講師、丸岡宗陽(まるおか そうよう)先生がお茶をたててもてなした。先生手作りの和菓子をまず召し上がったあとに、お茶を味わった。アワダ夫人は約15分の間の正座も問題なく笑顔で乗り越え、日本を代表する茶道の美に大変関心を持っていたようだった。

Leer más...
 
COAでの歓迎会 日系社会こそが日亜の絆の担い手
Jueves, 01 de Diciembre de 2016

11月21日午前、来亜した安倍晋三首相と昭恵夫人の歓迎会がCOAで開催された。

Leer más...
 
アルゼンチンとの『戦略的パートナーシップ』
Jueves, 01 de Diciembre de 2016

10月21日19時15分から予定されていた安倍首相のプレスカンファレンスは予定通りに始まった。記者の前に立った安倍首相はその一時間ほど前に起きた福島県を中心とする地震と津波に関して報告し、官房長官に対しても安全を期し政府一体となって災害対応に全力で取り組むように指示したと語った。

Leer más...
 
1000ペソ札
Jueves, 17 de Noviembre de 2016

2017年1月より1000ペソ紙幣が発行される。まだデザインは発表されていないが、カマドドリのイメージになると報告されている。同時に5、10、25センターボス硬貨は流通が廃止される一方、1,2,5,10ペソ硬貨の流通が始まる。

 
伝統の日
Jueves, 17 de Noviembre de 2016

11月10日は「ディア・デ・ラ・トラディシオン(伝統の日)」で、ホセ・エルナンデス(詩人、作家、政治家、ジャーナリスト、軍人)の出生記念日だった。名作「マルティン・フィエロ」の著者は1934年11月10日生まれ。アルゼンチンのセペダとパボンの戦いに参戦、またリカルド・ロペス・ホルダンとともにエントレ・リオスを防衛した。

 
クライシスの時代、責任は移民たちにある?!
Jueves, 17 de Noviembre de 2016

数週間前、ミゲル・アンヘル・ピチェット上院議員が「貧しい移民を受け入れ続けるがためにアルゼンチンはどれだけの悲劇を生きなければならないのか。アルゼンチンは移民をきちんと規制するべきだ」と皮肉なコメントをした。

Leer más...
 
<< Inicio < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Próximo > Fin >>

Página 1 de 39