Jueves, 19 de Diciembre de 2013
ラプラタ日本人会野球部に着任した

JICA青年ボランティアの立塚秀知です

今回、日系社会青年ボランティアとして、7月にラプラタ日本人会野球部に着任しました立塚秀知(Hidenori Tachizuka)です。ラプラタ日本人会野球部の少年部から青年部、成人部までの全カテゴリーに野球の指導を行います。野球の技術向上はもちろんのこと、野球を通じて協調性や社会性、責任感、規律を養い、青少年の育成を図ることが私の目標です。

そして、ラプラタ日本人会だけでなく、日亜学院とエスコバール日本人会野球部でも指導する予定となっております。たくさんの子どもたちに野球を楽しんでもらい、野球の楽しさを知ってもらうこと、そして野球というスポーツは素晴らしいものだということを少しでも感じてもらいたいと思っています。 私自身はまだ22歳で社会経験もなく、未熟者ではありますが、6歳から今まで培ってきた野球の技術と日本野球から学んだ協調性の大切さや規律の重要性は熟知しております。日本野球のやり方が全てアルゼンチンで通用するわけではありません。
私は、今年の3月にペルーに同じように1か月野球を教えに行っていました。ペルーで一番感じたことの一つが、その日本野球の全てが通用するわけではないということでした。しかし、ペルーでの活動は非常に評価していただいており、団体で行ったこともあり、日本野球の良い面を十分に見せ、教えることができたと思っております。アルゼンチンでは2015年まで活動します。この2年間、子どもたちと楽しく野球をしていく中で私が持っているものすべてを教え、そして野球の活動を通してたくさんの方との出会い、たくさんのことを学び、私自身成長していきたいと思っております。これから2年間よろしくお願いします。