Jueves, 04 de Abril de 2013
JICAの平成24年度4次隊派遣 

シニア海外ボランティアと短期ボランティア着亜

JICA派遣の平成24年度4次隊のシニア海外ボランティア3名、日系社会短期ボランティア2名が去る19日到着したところから、22日11時半、武田浩幸所長、小野由美企画調査員が同伴、本社を訪問した。
シニアボランティアの3名のうち、鈴木英雄さん(東京都)はリオネグロ州VillaReginaにあるINTI(国立工業技術院)ビジャ、レヒナセンタに配属され、生産管理技術(経営管理)について指導する。隣国ウルグアイで、中小企業育成の経営管理の仕事に従事してきたことがある。
藤沼久雄さん(東京都)はブエノスアイレス州CañuelaにあるIPNA(アラングレン平等化心理研究所)で、障害児発達支援(養護)に当たる。ここは本紙3月19日(火)版で紹介した、日本政府が身体障害者のための職業訓練センター建設へ助成金贈与署名をしたNGO(民間非営利組織)の財団である。自閉症、知的障害の人たちの支援をするが、そのほか、藤沼シニア専門家は、日系社会のそうした障害者に対しても対応していく。
生田暢美(いくた・まさみ、埼玉)さんは、国立ラプラタ大学国際協力事業団へ配属され、国際協力活動支援(行政サービス)を行う。ラプラタ大学はこれまで、JICAのいくつかの協力実施計画で上げた成果を、近隣諸国に普及、発展する役割を行ってきている。

日系社会短期ボランティアの後藤紀子さん(福岡)は、すでにアルゼンチンでボランティア活動をした経験があり、日亜学院文化センターで日本文化について指導をつづける。
鳥塚朋子さん(京都)も同じくアルゼンチンでボランティア活動の経験があり、今回はラプラタ日本人会に配属され、日系日本語学校教師として指導に当たるが、F・バレーラ日本語学校でもそれを兼ねる。この2人はいずれも、8ヵ月間だけと短期間になる。
すでに、アルゼンチン体験、あるいは訪れたことがあり、アルゼンチン大好きという人たちだ。マイナス点を抱えながら持っているこの国の豊かな雰囲気を楽しみにしている。