Jueves, 29 de Septiembre de 2016
ガス代

アラングレンエネルギー大臣は隣国に比べアルゼンチン人は60%も多くのガス消費を行っていると発表。これはタリファッソを受けて行われた公共監査の間に発言されたものである。IEA(国際エネルギー事務局)によるとアラングレン氏の言うように周辺諸国に比べガス消費量がアルゼンチンは60%も上回る。2010年のCENSOによると人口の51%がガスネットワークを持つが、残りの42%はカラフによるガス、3.2%はたき火か炭火、2.8%はチューブガス、0.19%はそれ以外の電力使用と発表。現在も人口の半分が石油しようとガスサービスにアクセスがない。アメリカのEIA(エネルギー情報総合研究所)によるとアルゼンチンのガス保有量はアルジェリアやアメリカよりも上位につけ、1位の中国にせまる。