Jueves, 01 de Septiembre de 2016
五月広場で果物バラマキ抗議

8月23日、リオ・ネグロのリンゴ生産農家がブエノスアイレスの五月広場で雇用の減少を訴え果物をばらまきながら抗議を行った。約1万キロのナシとリンゴを配った。朝早くからただで果物をもらおうとチャンギートを持った人々の長蛇の列ができ、わずか2時間で全部の果物を配り終えた。政府は輸出にたいする免税を発表したが、果物に関しては5%、またインフレが40%、これらの果物業者は大損害を受けている。