Jueves, 10 de Marzo de 2016
疑わしい解雇

投資調査部(UIF)は新たに半数の専門家をマネーロンダリング調査に当てた。その中には12年も前からその職に就く者もいる。UIFはマリアノ・フェデリチ氏が代表で数ヶ月前まではFMI(国際通貨基金)の弁護士だった。マリア・エウヘニア・タレリコ氏もまたUIFの代表でありマネーロンダリング調査を担当している。彼女はHSBC銀行の保護弁護士であったが、このHSBCはUIFの調査対象になっていた銀行である。