Jueves, 25 de Febrero de 2016
州の借金

マクリ政権は各州政府に対し、国庫資金不足に際し、緩和措置として負債を負うことを承認した。地方政府は海外において負債をおうことは、カーサ・ロサーダがハゲタカファンドとの間での訴訟に一段落付けられれば、関係を改善し、安価なローンが可能になることを前提においている。ブエノスアイレス州は6万ペソの借用権利を法的に認められている。メンドサとネウケンでも同様である。