Jueves, 25 de Febrero de 2016
輸出用ジュース

ジュース製造会社のLedesmaは2015年に3111トンのオレンジ濃縮ジュース、1924トンのグレープフルーツジュース、1310トンのレモンジュースが製造した。この数値は前年に比べ、レモンジュースにおいては約80%の上昇、グレープフルーツでは74%、オレンジに関しては6%の製造アップとなった。

オレンジ濃縮ジュースとグレープフルーツジュースの90%は国内消費、ガセオサやアグア・サボリサーダ用に使われる。レモンジュースは80%がアメリカとヨーロッパに輸出される。また長年にわたる多くの検査を経て、初めて日本へも輸出された。 
フフイ、サルタにはLedesmaは約3千ヘクタールの柑橘畑を所有。独自の製造者、果物工場、ジュース・エッセンシャルオイル製造工場を持つ。フフイ・サルタではLedesma関連のフルーツとジュース製造工場だけで約2500もの雇用がある。

 

Link en español:

http://infocampo.com.ar/nota/campo/77421/ledesma-anuncio-que-aumento-su-produccion-de-jugos