Jueves, 11 de Febrero de 2016
電力を節約するために

アルゼンチン電気工業・電気機械・電気照明商工会議所(Cadieel)は、消費者が合理的かつ効率的に電力を使用できるようにとエネルギー使用ガイドを発表した。以下、電気代の高騰に対応するための10つのガイドである。

1. 使用中以外は電気と電気機器の電源を切る
2. エアコンは24度に設定。体に程よい気温で、これ以下の温度に設定すると電気代も上昇する。エアコン使用中は外気が入らないように窓とドアを閉めること。
3. 太陽光を最大限に活用すること
4. 冷蔵庫とフリーザーを良好に使うこと。冷蔵庫の背は壁から少なくとも20cmは離しておくこと。適度に掃除し、通気を浴しておくこと。3cm以上の氷で氷結する前に溶かすこと。30%の電気代の節約になる。
5. 洗濯機:洗濯機の80%から85%の電力は水を熱くするのに消費される。理想は冷たい水で選択すること。洗剤の量を最小限に抑えること。洗剤を入れすぎるとその分洗浄に時間がかかる。
6. アイロン:アイロンの表面を常にきれいにして、全体が正しく温まるようにする。服を少し湿らせるとよい。一度にできるだけ多くの服にアイロンをかけること。電気消費の多い時間を避けること。
7. テレビは本当に見たいときにだけつける。家の中で複数のテレビで同じ番組をみるのは避けること。
8. コンピューターは家の中で消費量の多い10つの電気機器のうちのひとつである。しばらく使わない場合はモニターを消すこと。周辺機器は必要なときにだけ使い、夜間は消すこと。
9. あらたにエアコン、冷蔵庫、洗濯機を買う場合はエネルギーラベリングを確認すること。グリーン+Aラベルは効率的な機器、赤ラベル、アルファベットのGに近づくほど非効率的な機器を意味する。
10. ランプやランプシェードはきれいに掃除すること。明るさを保つこと。汚れたランプは50パーセントも明るさを失うこともある。