Viernes, 20 de Noviembre de 2015
暴動は至る所に?

アルゼンチンの至る所にカオスが。。。マウリシオ・マクリが当選すればこんなことが起こりうる。カンポラやほかの社会運動家は次なる行動を予定していると、社会運動のリーダー的存在であるラウル・カステルスが語った。

メディアは12月8日、マウリシオ・マクリが大統領に選出されるか否かの48時間前が暴動のピークとなると告げている。この日にキルチネル派によりミクロセントロでは窃盗や車体の燃焼、マクリ派の事務所の攻撃などが予想されると報じている。
二週間前、トゥクマンのコンセプシオンではロベルト・サンチェス氏が解雇される労働者らに包囲された。このためサンチェスは470の雇用をレイオフを断念せざるをえなかった。さらに先週はブエノスアイレス州のメルロで、住居の無い住民らが60ヘクタールもの敷地を占拠した。これらは選挙と別物ではない。クリスティーナ・フェルナンデスは「一人一人国民は自分の票に責任を持たなくてはならない。私は票を入れてと頼んだのではなく、良く考えてほしい。国に対して二つのモデルのうちの一つを選ばなくてはならない。ただ、あとで
後悔してもしらない〝Por favor, que después no vengan con el ´que se vayan todos“(2001年の恐慌後のアルゼンチンを思い起こしながらの表現)」と語った。
もちろん、この大統領のコメントに対して反論する者もいた。その中でもエリサ・カリオは両方の候補者に対する暴力的なモデルを提示しているとして現大統領のコメントを批判。「マウリシオ・マクリとダニエル・シオリ両者に暴力を扇動している。シオリが勝てばモデルは変わり、ラ・カンポラが石を持って道に繰り出すだろう。」

 

Links:

Raúl Castells
http://www.infobae.com/2015/11/03/1766869-raul-castells-dijo-que-preparan-un-golpe-contra-mauricio-macri-y-llamo-armar-brigadas-populares

El “8 D”
https://www.informadorpublico.com/politica/8d-un-informe-de-inteligencia-preve-saqueos-en-capital-a-horas-de-que-asuma-macri

Cristina Fernández
http://www.losandes.com.ar/article/cristina-advirtio-no-vengan-de-vuelta-con-el-que-se-vayan-todos

Elisa Carrió
http://www.lanacion.com.ar/1844062-elisa-carrio-la-incitacion-a-la-violencia-va-contra-mauricio-macri-y-contra-daniel-scioli