Jueves, 19 de Noviembre de 2015
異口同音に語る通貨の切り下げ

マウリシオ・マクリ、ダニエル・シオリ、またYPFまでもが通貨切り下げは避けられないと語る。

11月22日に決選投票を控えたアルゼンチン国民らの一番の心配のもとはインフレが問題となる経済である。 誰が勝手としても見通しが良くないのが現状である。マクリ、シオリともに通貨切り下げは避けられないとしている。またYPFの投資部門のダニエル・ゴンザレス氏のコメントは注目すべきもので、「誰が当選しても2016年の平価引下げは避けられないだろう」とのことだった。

また、マクリを支持するマルティン・ルストー氏も同意している。「通貨切り下げは当選する者の責任ではなく、落選する者の責任である」と言った。
アルゼンチン労働総同盟(CGT)も、内部分裂に関わらず大統領選決選投票に当選する者に左右されることなく、通貨切り下げ、調整、値上げ、雇用削減が予想されるとしている。3組合の中でもまずそれを公言すたのはウーゴ・モジャノだった。

 

ハゲタカファンドは楽観的
一方ハゲタカファンドは楽観視している様である。アメリカのウォールストリートジャーナルは「アルゼンチンは予想外の光源として出現している」と語った。「アルゼンチンはヘッジファンドの年を救済する」というタイトルで。では、なぜ楽観的なのか。マウリシオ・マクリが勝っても、ダニエル・シオリが勝っても、いずれにしても市場改革に同調させざるを得ないと見込んでいるからだ。というのも、どちらが当選したにしても人々に利益はなく、投資企業、証券取引の先見者、つまりはハゲタカが利益を得るとしている。2015年は、アルゼンチンに投資した投資家の利益は20から30パーセントにも及んでいる。
詳しくは.

Links:

Martín Lousteau
http://www.lanacion.com.ar/1842520-martin-lousteau-la-devaluacion-no-va-a-ser-culpa-del-que-venga-sino-del-que-se-esta-yendo

Daniel González, presidente financiero de YPF
http://www.iprofesional.com/notas/222461-Para-YPF-gane-quien-gane-habr-devaluacin-y-superar-a-la-inflacin

Fondos de inversión
http://lat.wsj.com/articles/SB10035478506862654305004581350020817177738?tesla=y

Hugo Moyano
http://www.lanacion.com.ar/1843154-moyano-se-vienen-momentos-dificiles